【独り言】「私だから大丈夫、なわけではない」の言葉に、感じたモノ

独り言

どーも、ドコタ(@DO_KO_TA)です!

ドコタって誰?って人はコチラ↓へ

★ドコタのプロフィール

「いや、お前のことはどうでもいいから、心のことを学びたいんだよ」って人は、コチラ↓へ

自分の心と向き合えるようになると、とても楽になります!2019年11月2日(土)より、1期生の講座がスタートします。詳しい内容やお申込みは、コチラから↓

★2019年11月スタート!mine心理学1期講座!

最初だし、あまりお金をかけずにカウンセリングを受けたい!カウンセリングに興味はあるけど、ちょっと不安…という人は、毎月開催中のオープンカウンセリングをご利用ください!

★オープンカウンセリングについて

そのほか毎月、開催中のイベントなどについては、コチラから!

★毎月更新!活動&イベントについて!

ココから本題(笑)

この【独り言】カテゴリでは、僕が日常で感じたこと、考えたことをお話しします。

今回は、「私だから大丈夫、なわけではない」に、超共感&感じたモノについて。 

スポンサーリンク

「私だから、大丈夫」なわけではないんだよ

僕は今まで、教育関係の仕事をしている。累計年数、10年目になる。

あれ、これはもしかして中堅のレベルになるのでは?

というより、僕がいわゆる「おっ●ん」の部類に入りそうなので、もう触れない。

20歳で小学校の教員採用試験に合格(←ひそかな自慢(笑))してから、ずっと同じ職場にいたわけでは無い。

10年間で、いろいろな形の職についてきたから、それこそ色々な人に出会って、その時その時「師匠」的なポジションの人と巡り合えている。

なんかRPGみたいな人生だなと、今おもった(笑)リアルRPG。

ただ、僕のジンクス?セルフイメージ?に、「行く先々で良い人に巡り合う」というものがありまして。

行く先々、助けてもらえるんですよね。僕がすねてて、受け取れない時も多々ありますが(おい)

で、最近お会いした師匠のお1人がね、「私だから大丈夫、なわけではない」って言った時があって。

私だから大丈夫、なわけではない

…私だから大丈夫、なわけではない…

…めっちゃわかる!

共感しかねぇ!!!

ってなったんですよ。

僕も普段から、いろいろ出来ちゃう人なので(ドヤっ)、なんかキツイ立場だったり、難しい内容の仕事をやらされたり、やってしまうのですが…

え、俺だから何やらせてもいいわけじゃないんですけど?

え、俺だからって何言ってもいいわけじゃないんですけど??

え、俺だからって、なんとかると思われても困るんですけど???

って、超思ってました。

でも、それって思ってても口に出さない人のほうが多いし、実際今までのお師匠さんたちは、それを軽やかにやってたんだよね。

ドラゴンボールでエネルギー弾めっちゃ打たれても、ガードすらせず、むしろ笑っちゃうあの感じ。

僕のお師匠さんには、そんな人が多かった気がする。

で、そこには白鳥が水面下で死ぬ気で足バタバタさせて的な努力があるのだろうなと思って。

で、僕もがんばるぞって死ぬ気で足バタバタさせたら、本当に死んでしまう案件が続出で(笑)

何度生まれ変わった分からんくらい、死ぬ気でやりきってきたわ(笑)

それを、傍目で見てる人は「すごいね、さすがだね」って言うんだけど…

違うわっ!!!!!!!!!!!!!!!!

こちとら死んでるわっ!1upキノコくれ!!

な感じだったんです。

で、そんな中で降ってきた

「「私だから大丈夫」なわけではないんだよ」

本当にその通りだなと、思ったわけです。

「私だから大丈夫、なわけではない」の裏にある感情は?

その人が、どういう気持ちを込めていったかは知らないけれど…

僕は、「さみしさ」と、「しんどさ」と、でも「素直になれなかった自分自身への謝罪」を感じた。

この気持ちを僕が感じた時点で、もうその人の気持ちではなく、僕の気持ち(感情)になってるんだけどね。

つまり、ココからは僕の問題ってことです。

自分の弱さを認めるって、人によってはすごくしんどい。

それが今まで頑張ってきたことなら、なおさら。

その頑張りを手放してしまうと、今までを否定することになりそうだから。

今まで頑張って、ごまかしてきた、ばれないようにしてきた、自分を見せることになりそうだから。

そんな自分は、カッコ悪いし、ダサいし、認められないし、一人ぼっちになりそうだし、愛されなさそうだから。

そんな風に思いこんでいたから。

そう、ただそう思いこんでいただけなんだけど。

でも、素直に言えない「助けて」の一言。

できるふりに逃げたり、できないふりに逃げたり、僕らはあの手この手で、「助けて」と弱さを見せない。

でも人に助けてもらえて、うまく乗り切れるようにごまかして動き続ける。

結局他人の目が気になって、自分をごまかし続ける他人軸の人生になる。

それは、結局自分を苦しめることになるんだけどね。

だから「「私だから大丈夫」なわけではない」の言葉には…

弱さを認める「しんどさ」と、

それまでの人生の中で抱え込んできた「さみしさ」と、

今まで無理させ続けてきた「自分への謝罪」が感じられた。

で大切なのは、それがその人の問題ではなく、「僕」の感じたことであり、「僕」が自分に対してそう思ったってところ。

無理してきた自分に、「すんません」と「ありがとう」を伝えたいよね。

すんません、自分。ありがとう、自分。

「弱さ」を認める強さ

教育や福祉、国際協力の世界には、純粋に楽しんでいる人と、楽しんでいるように見せかけて実はごまかして生き続けている人がいるなぁってよく感じる。

仕事を使命と思い込んで、本当は自分自身の問題と向き合いたいのに、それは怖すぎて無意識に避けたいから、他者の問題を解決するために自分の人生を費やす。

僕もその1人だったなぁと。

他人は、誰かに助けてもらわないといけないほど、弱くない。

僕の行うカウンセリングも、その人が自分で問題を解決できる前提を、ブラさない。

そして自分は、自分を助けられないほど、弱くない。

ただ、その強さを手にするためには、自分の弱さやカッコ悪さを認めていかないといけないんだけどね。

弱さを認める強さ、そんな感じの「勇気」を忘れないようにしたいなと感じました。

まとめ

今回の内容は、こんな感じでした!

弱さを認めるのってしんどいですよね。でも、ほんの少しの勇気で自分の世界が変わる。

その最初の一歩として、カウンセリングはとってもいい手段です。

カウンセリング(悩み相談)を利用するのは、自分らしく生きるための良い選択です。あなたが、あなたらしく生きる手助けをするカウンセリング(悩み相談)です。

遠方にお住いの人も、ネット上で無料のアプリ「zoom」を利用して、対面でやり取りできます!

予約は、コチラから↓

★カウンセリング予約

それと、直球で心の勉強をしたい方は、「mine心理学」で学んでみませんか?自分の心と向き合えるようになると、とても楽になりますよ。2019年11月2日(土)より、1期生の講座がスタートします。詳しい内容やお申込みは、コチラから↓

★mine心理学詳細&申し込み

ではっ、またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました